3年目の危機

● 3年目になって突然辞める看護師

何事も「3年」という節目があるようです。看護師の中でも3年間の勤務経験がある実力ある看護師が、突然辞めてしまうケースが増えてきています。先日までやる気にあふれきびきびと働いていた人が突然の退職。周囲も原因がわからず混乱する。こういったことが起こっています。
辞める事を考えている時はいきなりではなくこちらを参考にほしいものです。
>>悩めるナースの参考書<<
● 漠然とした不安にとらわれる

3年も勤務経験を積むと、病院での看護処置は一通り自信をもってこなせますし、次第に責任ある立場にもなってきます。「やっと自分らしい看護が出来る」と自信をもって日々すごしているはずです。
ところがある日突然「漠然とした不安」にとらわれ、今までクリアだった目標、やりがいを強く感じ、情熱を傾けていた仕事が「日々のたんたんとした業務」に代わってしまっていることに気づきます。そして、心身ともに疲れ果て、「もえつき」、ある日突然辞めてしまうということになってしまいます。

● 成長のチャンスに変える

なぜ、このような不安に陥ってしまうのでしょうか。
それは、看護師の業務を一通りこなす実力が付いたことで、「病院の中の自分の位置」や「将来、自分はここまでしか行けない」といった自分のレベルが非常によくわかるようになって来るからです。

つまり、ワンランク上のステージに立ったということです。過去の目標を一度クリアにして「生涯かけて取り組みたいテーマ」を決め、自ら新しい目標を見出す時期に来たというあかしでもあります。誰もが3年目、同じような経験をするといいます。ここで「自分がこれからどうしたいか」「どのような看護師を目指すのか」についてじっくりと悩み、新しい自分、新しい目標を生み出してください。

不安から突発的に辞めてしまうかたもいます。そして半数以上の方が「以前の病院の方がいろいろと整っていた」と後悔しています。できるだけ将来の目標を明確にして、生涯をかけて自分の目指す道をはっきりとつかんでから転職を考えて下さい。

● 一生をかけて追及したいテーマを見つける

いつも順風満というわけにはいきません。今は婦長さんになっているベテランナースさんたちも同じ壁を乗り越えてきました。皆さんがその壁にぶち当たったとき、「自分が一生追求していきたいテーマ」に出会ったといいます。ですから、無気力の壁にぶつかったとしてもすぐに「辞める」選択肢を思い浮かべるのではなく、なぜ壁と感じているのか?そして壁ができたことで自分にどんな感情が湧いているのか?を追求し、自身の心と向きあってみてください。きっと今まで考えていなかった、なにかが見えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です