看護師の転職スケジュール

看護師が転職をする際は、スケジュールをしっかりと立てて準備をしておくことが大切です。
スケジュールを立てずに闇雲に転職活動をすると自分の転職の目的が途中でわからなくなったり、引き継ぎ業務が上手くいかなかったりする可能性があります。

スケジュール例として、まずは転職理由を明確にすることが挙げられます。転職活動を本格的に始める前に、なぜ自分が転職をしようと思ったのかを整理することが大切です。転職理由には人間関係が嫌な場合もあれば、スキルアップがしたい場合もあります。その理由に応じて転職先に求めるものも変わってくるでしょう。

次に、自分の希望にあった職場の情報取集を行います。情報収集と並行して、書類作成もはじめましょう。転職に必要な履歴書や職務経歴書などの書類を作成する際に、今一度自分の経歴や資格を見直してみることも必要です。面接の自己アピールの練習にもなりますよ。
書類作成ができたら、いよいよ面接です。面接は、一か所だけではなく何カ所か同時に行うと効率がいいでしょう。看護師の面接は一般企業の面接に比べて、内定が出るのが早いという特徴があります。どこの病院も人手不足なため、有望な人材が来たらすぐに内定を出す傾向があるためです。面接を受け始めるころには、現在の職場に退職の意思を伝えておくとスムーズに引継ぎの予定をたてることができます。面接の結果で採用が決まれば、具体的な退職日や転職先で働き始める日程を調整します。
このように、転職を考えたら退職までの一連の流れを考えておくことで、トラブルなく転職を成功させることができるでしょう。